「あなたは下手だからまだ早い」
そう言われちゃった方のためのコース

私たちは「元予備校講師の提供するわかりやすい指導法」による12年3000名様以上の認定実績で、「お客様リピート率2年連続日本一」の表彰をいただいた爆笑ダイビングスクールです。素晴らしい海中世界での冒険を通じて、忙しいけどなんだか満たされない毎日を送っているあなたが、”毎日夏やすみ”になれる一生もののライフスタイルを提供します。

ダイビングの特徴の一つは勝ち負けがないことです。バディやグループのみんなと大自然の中で喜びや楽しみを分かち合う醍醐味が魅力のスポーツです。他のスポーツと違って、得点やスピードを他者と競うことがないので、だれかだけアンハッピーということもないです。みんなハッピーになれます

しかし、勝ち負けはないけれど、「初級者ポイント」「ベテランのみ」「経験本数○○本以上」「ナントカダイバー以上」というフレーズは、この業界で使われています。勝ち負けはないけど、上手/下手っていうのは確実にダイビングに存在します。

ダイビングの上手/下手ってなんだろう?

当スクールでは「上手いダイバー」とは以下のことを指します。

  • 「どんな海況でも/初めてのポイントでも」
  • 「だれと同じグループでも」
  • 「平常心で楽しめるダイバー」

ダイバーが憧れる人気ポイントというのは、水深が深い、流れが速い、着底できない、潜降するためのロープが無い・・・・などなどビギナーさんにとってはかなりストレスフルなシチュエーションであることが多いです。楽しめるかどうかはダイバーのスキルによって決まります。

誤解を招く表現かもですが、ライセンスを取得したからと言って自由に潜れるポイントを選べるわけではありません。ダイバーのレベルに応じてインストラクターが潜るポイントを選択するのが現実です。これが上手/下手ということだと思います。

ダイビングには(本当は)勝ち負けがある。

ところで、でも、本当はダイビングには勝負が確かに存在します。

私達が遊ぶ海は、遊園地のように「完全に安全が保証された」場所ではありません。器材がないと呼吸すらできないという点では宇宙と同じ環境とも言え、それなりのリスクがあります。上級者と呼ばれるまでの過程で、ダイバーは毎回「未知なるものに対する恐怖」と直面します。

  • 未体験のポイントやスタイル
  • 今まで潜ったことのない深さ
  • 今まで味わったことのない激流
  • 今まで食らったことのない重い波
  • 今まで遭遇したことのない暗い透明度/冷水
  • 初めて一緒に潜る超上手そうなベテランさんからの無言のプレッシャー

そんなシチュエーションは、強力なストレスを引き起こします。「ダイビングやりなよ、ストレスぶっ飛ぶよ!」って誰かに言われて始めたはずなのに。その恐怖とビギナーさんは、いつも戦うことになります。自分の心との勝負です。

(当たり前ですけど、危険を犯してレベルに見合わないハードな海況に潜ることを推奨してるわけではありません。)

練習しないで遊べるほど海は甘くない

今の自分の実力じゃ平常心で楽しめない。そんなあなたが上達するには、どうしたらいいのか。

答えはシンプルに「練習」です。何も練習しないで、遊びのファンダイブばかりやって上達できるほど、海は甘くないです。

厳しいことを言ってるかもですが、幸いダイビングにはイチローのような天才がいません。センスも才能も必要ありません。「正しく」練習すれば老若男女誰でも全員上達できます。こんなに報われるスポーツはありません。

さぁ練習しましょう。
たかがプラスチックのカードや、ナントカダイバーの称号のためではなく、未知なるものに対する「恐怖」が「楽しみや喜び」に変わるまで。「今まで頑張ってきたのは、この1ダイブのためだったのか!」と思えるその日が来るまで。

今までのどんなダイビングよりも脳みそブッ飛ぶその日は、案外すぐに来ます。
1日でも早くそんな日をあなたが迎えられるように、爆笑LAUGHIN’式ダイビング上達メソッドで、あなたの世界を広げます。

爆笑LAUGHIN’式上達メソッドの3つのクオリティ

1.QUALITY OF TRAINING:伊豆で一番練習するスクールです。

海という大自然に挑むためには、フィジカルもメンタルもトレーニングが必要です。できるだけ早く緊張を和らげ、不安を無くしたいと思っているビギナーさんに、「慣れだから」としか言えないのはインストラクターとして無能だと私たちは考えます。指導員の妥協は、そのまま受講者の方のリスクに直結します。簡単/楽ちん/お手軽とは対極のトレーニング内容だったり、おそろしく地味な練習もありますが、無駄な練習は一つもありません。お一人お一人の個人差を考慮し、自信がつく最適なトレーニングを提供します。OW認定後、経験本数30ダイブくらいで「沖縄や海外の一番すごい上級ポイント」で楽めることを目標に、最速で基礎が身につく指導法です。

2.QUALITY OF DIVE SITE:多様性のあるロケーションで。

伊豆は「ドロップオフ」「海中洞窟」「隠れ根」「沈船」などバラエティに飛んだ150以上のダイビングポイントが、相模湾、駿河湾、黒潮の異なる3つの海域にあり、さらに四季によってその表情を変える多様性が魅力で、ホームゲレンデとして関東/東海で潜るダイバーに人気のエリアです。

また、12年で3000名様以上の認定実績があるのは、伊豆の海が楽しいからだけでなく、お客様がダイバーになってからが本当のお付き合いのスタートと考えているからです。アフターフォローとして、コース終了後は何回でも指導料は追加料金ナシ。コースが終わってから生じた疑問やもう少し練習したい時は、納得いくまでお付き合いいたします。伊豆でしっかり練習して、憧れのあの海へ行きましょう!

3.QUALITY OF LIFE:ダイビングであなたの毎日を夏休みにします。

ほとんどの人にとって、ダイビングって多分人生にあってもなくてもどうでもいいです。

なので、僕たちにとってダイビングって単なる伝えるための手段で、海を通じてあなたの人生にポジティブな影響を与えることで、対価をいただいていると考えています。もっと言えば、「ダイバーになってよかった!」と言ってもらえないと、LAUGHIN'はこの社会にあっちゃいけないと考えています。

・「自宅と職場の往復で退屈な毎日が夏やすみみたいになった!」
・「海がないと死ぬ!」
・「今までの自分では考えられないほど毎日が積極的になった!」
・「素の自分を出せる出会いとかコミュニティが見つかった!」
・「楽しくて忙しい!」

って気持ちになってもらうアクティビティ。
今までのあなたにはない何かー「新しい視点」なのか「新しい仕事へのヒント」なのか「新しいライフスタイル」なのか。
それがLAUGHIN'がダイビングと言う手段で、本当にお渡ししたいことです。