イケダです。
業界の中にいるといつまでたっても永遠の若手ポジションですが、
20年ほどいるとそれなりの数の思い出があります。

アオリイカの産卵は、伊豆の初夏の風物詩ですが、
これを見ると思い出すお客様がいます。
P7180475

そのお客様はすでに他界しています。
僕が独立した当初、本当に貧乏だった頃に、遠方から足繁く通ってくださって、
すごい量のお米とか野菜とか「いっぱい貰いすぎて食べ切れないから」って送ってくれたり、
生まれたばかりの息子のために、おもちゃを買ってきてくれたり、
悪い意味で調子に乗ってる僕を人として本気で叱ってくれたり、
僕は勝手にその人のことを人生の恩人だと思っています。

P7180473

最初はご家族4人でお越しいただいていて、
そのうちお子様たちが学業や部活で忙しくなると、
お一人でお越しでとりわけ写真撮影を楽しんでおられました。

初夏の風物詩アオリイカは、あの人が好きな被写体でした。

P7180437

今年は2年ぶりに大爆発の大乱舞でした。
最期の力を振り絞り、相手を見つけ、敵と戦い、産卵をします。
キタマクラに生きたままかじられて、ヒレがボロボロの個体もいます。
産卵床にはいまかいまかと、ウツボが待ち構えていたりします。
イカの一生はたった1年ほど。産卵が終わるとイカは短い一生を終え、全てを子供に託します。
儚くて、美しく、そして子に託す強い意志。

それが毎年見ても全く飽きないこの光景の魅力だと思っています。
P7180434

あの方が亡くなってから、ご家族とも疎遠になってしまいましたが、
先日その娘さんが潜りにお越しくださいました。
最初に会った時は小学5年生でしたが、すでに社会人4年目。
素敵な女性になっていました。びっくりしました。
僕はどうしても彼女に、このイカの最期の姿を見せたかった。P7180431

数年ぶりの海。
彼女は最初だけ不安そうでしたが、相当お父さんに鍛えられていたので、すぐに体が思い出したらしく、気持ち良さそうにあたりを泳いでいました。

P7180427

ポイントに着くとここ数日では最多の大乱舞を前に
「お父さんとこういう時間を過ごしてたんです」と伝えました。

本当にあの人がそこにいて、一緒に潜っている気分でした。

一気にあの頃に引き戻されました。

P7180426

産卵床に寄せては返し、いつ終わるともなくイカたちは没頭します。
ずっとそれに見惚れるまま時間が過ぎて行きます。
P7180418

P7180415

残圧がなくなりかけてるのに、なかなか帰ろうとしてくれなかったな。
ひとしきり撮影してこっち向いた時のマスク越しの笑顔がいつもとろけてたよな。
僕はそんなことを思い出していました。

P7180484

P7180390

P7180406

P7180402

P7180399

P7180398

P7180395

P7180487 

潜り終わって、駅にお送りする途中、
彼女は「来てよかったです」と号泣しました。
お父さんが亡くなったあと、伊豆に来づらかったと思うのですが、
来てくれて本当に嬉しかったです。

僕がこの世界に飛び込んで今年で20年。
ようやく人の気持ちを背負って潜ることが、少しだけでき始めた気がします。

友だち追加