P1190015
毎年恒例のボルネオトリップ。今回は11名で行って来ました。

実際のところ、外務省の渡航中止勧告が出ている所なのですが、現地に聞いても「うーん、いつも通りだよ。」という返事。日本人は減っているようですが、他の国からの旅行者の数が減っているかというとそうでもないとのこと。「日本より治安のいい外国なんてほぼないよね」ということで、安全第一で無茶な旅程を組まずに行って来ました。
P1190002

初日は成田→コタキナバル。今回朝便使用だったので、街の散策がのんびりできました。
マレー半島側ではなくボルネオ島にあるマレーシア領には、サラワク州とサバ州がありまして、コタキナバルはサバの州都になります。

P1190003

イギリス連邦から独立したマラヤ連邦(マレー半島側)はその後サバやサラワクと合併し、マレーシアとなりましたが、サバやサラワクは依然として強力な自治権があるらしく、コタキナバル、もしくはタワウから、半島側のクアラルンプールに行く(帰国便に乗る)時に、国内線のはずなのにパスポートコントロールがあるというなんだかよくわからないエリアでもあります。

P1190004

まぁそんなこんなことをベラベラ喋りながら、スコールが上がったKKを歩きます。
元イギリス連邦なので、車は右ハンドル、左通行です。
いつもはかなり夜遅くに到着するので、ホテルに近い海鮮屋台に行くことが多いのですが、今回ボルネオリピーターさんが多かったのもあり、ちょっと歩いて地元で人気のお店に肉骨茶(バクテー)を食べに行くことにしました。僕自身、超久しぶり。
P1190007

マレーシアチャイニーズの料理で、豚肉の各部位をスパイスや漢方と醤油でカンカンに煮込んだ鍋料理です。各部位ごとに注文するんですが、言葉が通じにくいので「Campur!」で押し通します。沖縄のゴーヤチャンプルと同じ「まぜこぜ」という意味です。もしかしたら、バクテーとラフテー(沖縄の豚肉の煮物)は同語源かもしれないですね。これ書いてて思いました。
 P1190009
ご飯にかけたり、揚げパンを浸して食べたりします。ムスリムは豚肉はご法度なので、これを食べる人はチャイニーズ系ばかりで、同じ理由でお酒もお店で飲めます。超ローカルフードなので、皆さんの反応どうかなとドキドキしましたが、喜んでもらえてよかったです。安いし。

P1190017
バクテーだけじゃ足りんのでフィリピノマーケットで買い食い。

P1190019
サテ(ヤキトリ)の屋台。

P1190023

P1190016

P1190025

P1190026

その後、ふらりと立ち寄ったここで飲み、さらに足りない人たちで深夜のナシアヤム(鳥ご飯)を食べました。お腹いっぱいで死ぬかと思った。幸せな就寝。
P1190011

翌朝5時ロビー集合。コタキナバル空港からボルネオ島の逆サイドにあるサバ州3番目に大きい都市タワウへ。ここの「南洋の地方空港」って感じの開放感が僕は好きです。
P1200031

いつもの人が迎えに来てくれて、僕の顔を見て「おかえり」と言ってくれます。まだこの辺りのスタッフの「おかえり」はリップサービス感があります笑。こっから陸路センポルナへ。
P1200032

センポルナからスピードボートで60分ほど。干潮でぐるーっと迂回ルートだったので。
P1200034

で、ようやくマブールに着きました。ここです。
ここには日本人スタッフがいません。顔見知りのスティーブンが「久しぶり。お前適当に説明しといて」と言い残してササッと言ってしまいます。
P1200036

みんな浮かれてるもんね。説明しても聞いてくれないよね。
P1200039

チェックイン後ランチを食べて、まずは1ダイブ。
ワニゴチ・・・・
P1200049

・・・・の、目。
P1200053

カメ。
P1200047

よく見てね、ウミウシカクレエビが乗ってるよ!
P1200042

早くも群れで向こうが見えない水深5M。
P1200060

エロい夕日が落ちるのを待ちながらナイトダイブの準備。
P1200077

P1200069

P1200073

グルクンも夜はこんな色。
P1200080

目を開けてますが寝てます。
P1200084

ジャイアントフロッグフィッシュ(オオモンカエルアンコウ)。
今回はいっぱい見ることができました。
P1210005

今回、間違えてチャイニーズニューイヤーにカスる日程を組んでしまい、出発直前に旅行社から「シパダンいけないかもしれないです」なんて連絡が。そんなこと初めてだったのでちょっとドキドキしてたんですが、マブールついたら「お前ら、明日シパダンね。早朝から潜りたい?」といきなり。

超ホッとしました。
という訳で朝5時起き5時30分出航で一路シパダンへ。
僕が初めて潜った外国の海です。あの時の感動はいまになっても全く色褪せず、結局それから17年毎年必ず潜りに来て、そして全然飽きません。
P1210102

昔はシパダンに泊まれたんですが、今は軍の施設のみ。自然保護のため1日に120人しか潜ることができません。上陸したらレジストレーションをまずします。
P1210099

そしてダイビング!シパダンに行ける日は1日4ダイブのガイドがつきます。
P1210161

 名物ギンガメアジの群れ!
世界のいろんなところで潜ってるつもりですが、ここよりすごいギンガメを見たことがありません。何と言っても群れが全く逃げないので、この龍の巣の中に入れるんです。この迫力をみんなにほんと体感してほしいです。
P1210113
 

P1210116
 

P1210117
 
P1210127

シパダンの早朝といえばバンプヘッド!なかなか生まれ変わりたくない顔です。
P1210132

P1210129

カメ。シパダンといったら、カメ。浅場にうなるほどいます。
 P1210143

P1210144

そしてサメ。ホワイトチップばかりですが、こちらもいっぱい。
P1210167

カメ・サメ・群れ。カメ・サメ・群れ。
これを延々繰り返します。
P1210170

ちっちゃい島なんです。でも本当にすごい。
P1210229

50ダイブ!
P1210189

100ダイブ!
P1210190

100ダイブ!
P1210192

P1210200

P1210196

P1210213

P1210257

P1210232

P1210233

P1210234

P1210240

P1210250

P1210252

P1210262

ドッカンバリバリの大物天国シパダンに加え、マブールという小さい生き物の天国というか変態マクロ地獄も待ち構えておりまして、今回はマクロ好きな方も多く、被写体多すぎてどこ見たらいいかわからないという悲鳴が。
P1210193

ヤドカリの上を這う。
P1220051
 

ティムバートンのアリスの映画のセットみたく撮ろうとして失敗。
P1220053
 

ハダカハオコゼ
P1220029

「あれ、油田です」というと、10人中10人が信じるリゾート、シーベンチャーに久しぶりに潜りました。
P1220071
 

渋い男のコーヒータイム。海を見つめて何を想うのか(やらせ作品)。
P1220037

コブシメ。でっかいイカ!
P1220090

カメ!
P1220092

P1220094

僕の画像はこれでおしまい。
最後にいただいたお客様撮影の画像を。皆様が今回のトリップをとても満喫している自然な一瞬が切り取られていると感じました。時系列まぜこぜです。

ボルネオダイバーズから見た海。
16196555_1096747020447490_244577478_o

島散策にて。
16196971_107965186383638_1855383541_o

イスラムお祈りの時間じゃなくって、デッキの隙間から何かを落としたの図
16196991_1095785403876985_800065428_o

宿泊部屋の前で。
16229573_719332294883201_1964270634_o

@ビーチバー
16229583_1184036185048152_279381727_o

16229600_719510074865423_1512465934_o

センポルナの船着場にて
16229619_1095794737209385_166683030_o

16229655_1096743387114520_1101283017_o

16229702_1097050450403876_1701550250_o

16443203_1117741035015649_1741711302_o

左偽物右本物
 16443055_10202767582146437_1825572922_o
16442853_10202767579106361_613401427_o

16409942_10202767578586348_171254107_o

16325942_1097051853737069_693622203_o

16295556_1102607283194797_1115323894_n

 16251380_1097049207070667_1606222761_o

虹が出た。
16251140_1097050887070499_2133320397_o

16251132_1097049523737302_935332558_o

シパダンの休憩場。
島の施設はリニューアルされてました。
 16229766_719346574881773_2137304425_o

16229857_719346601548437_1873685816_o

毎日のご飯。食べ放題。
16229852_719509984865432_1464898959_o

16231062_1184034245048346_1085661516_o

 16231152_1097049597070628_366185676_o

16231199_1097049287070659_588569737_o

KKのホテル前
16231220_719346811548416_79417516_o

謎の焼き菓子を購入。
16231235_1097048800404041_1190913262_o

捕まった
16231379_1097051900403731_1384489331_o

 16231412_1097049300403991_1709027750_o

16231418_1097048787070709_2037612493_o

手形の跡くっきり
16231433_719332448216519_2002197918_o

16231483_719346598215104_820192914_o

肉骨茶のお店で。ほんとお酒飲める食堂探すのが難しいです。
 16244632_719346764881754_938677271_o

 

16244881_1096744280447764_400111101_o

16244987_1097049273737327_1846974217_o

セクシー禁止。
16251321_1097050497070538_218594637_o

イスラムでは豚と並んで犬が不浄な生き物とされているらしく、その反動が猫に行くのかどうかはしりませんが、とにかくそこかしこに猫がいます。そして人に対して警戒心が全くない。猫好きな人には天国です。ネズミには地獄そのものですね。
16244842_719332464883184_1341558258_o

16325408_1097051877070400_858799599_o

16325634_1097050220403899_123403245_o

タイガーと呼ばれ、リゾートで一番可愛がられてる御仁。この貫禄。
16325865_1102609773194548_1461279853_o

16145492_719509988198765_1240139436_o

いつものフォトポイント。
16325875_1097051733737081_713568381_o

夜のガヤストリート。
旧正月を前にチャイニーズランタンが吊るされてるの図。
16326380_1184033998381704_1019597160_o

16326630_714340375402382_1889032476_o

16326822_714340072069079_299002865_o

葉っぱに乗ってる。
16326945_714340398735713_1959264993_o

ルートビアにさらに悶絶成分を加えた飲み物。このSarsiシリーズは、何を飲んでもハズレだと僕は思ってるのですが、先にそれをバラしてしまうと、ぜんぜん面白くない真の異文化理解とは言えなくなると思うので絶対言いません。内緒です。
16357136_714340078735745_928266513_o

16357825_714340948735658_239693868_o

16358063_10202767522864955_1186196053_o

16388904_714340352069051_1660672241_o

16388987_714340038735749_332101225_o

16389149_714337802069306_1475635525_o

16389217_714340388735714_259170522_o

16409467_714340372069049_549710968_o

寝てる人に給水。
16409689_10202767580866405_783224367_o

帰国便待ちのクアラルンプール空港のバーにて。すっごく飲んだ!
P1230112

皆様、ご参加誠にありがとうございます!
また行きましょう!!
P1210262